エイジングケアに必要な栄養とは

MENU

エイジングケアで老化を防ごう

毎朝の化粧の時、だんだん目立ってくるシミ、しわ、ほうれい線、を見て加齢が進んでいくのを感じますね。
鏡を見るたびに若返りたい、エイジングケアしなきゃ、と思いますね。
一方で、最近では美魔女といって40代、50代でも若々しい人も増えています。
この差は一体なんでしょう。
この違いは生活習慣や食べ物、が大きな影響を与えます。
細胞の老化は誰にでも起こりますが、活性酸素の量によってそのスピードが変わります。
ニュージーランドで行われた老化の追跡調査では、老化の個人差は3倍ほど違う場合もある、という結果が出ているそうです。
しかも老化が早い人は、身体の不調を訴えるだけでなく、認知能力も低下するのだとか。
また、体力に自信がないと考えている人は、見た目も老けているという結果が出ています。

 

私たちは生まれた直後から温度、光、音など様々な環境因子にさらされながら、酸素を利用して食べ物を分解し、そこから得たエネルギーを利用して活動しています。
この時、同時に様々な老廃物が生まれ、中には活性酸素という有害な物質も含まれます。
食べ過ぎたり、脂肪や糖分を必要以上に摂りすぎると、活性酸素もたくさんできてしまいます。

 

活性酸素は、細胞を構成する蛋白質や脂質、あるいは遺伝子を損傷して細胞の機能に影響を与え老化のスピードを早めます
従って、一人一人の生活スタイルの違いにより早く老化する組織も異なり、低下する生理機能や老化のパターンが人それぞれで異なることになります。
これが老化の原因です。
アンチエイジングとは、活性酸素を除去し、細胞をダメージから守っていくことで体を元気にしていくことと言えるでしょう。

 

老化という現象はあらゆる生物に見られるものでありながら、その原因、メカニズムは未だに特定されていません。
細胞内のミトコンドリアのmtDNAが活性酸素により突然変異を起こし、その結果ミトコンドリアの機能が低下し、ひいては細胞の機能が低下する、というミトコンドリアの変異が老化の原因であるという説が非常に有力となっております。

アンチエイジングに有効な成分とは

では、普通よりも早く老化してしまった場合、若返ることはできるのでしょうか?
(※ここでの若返りは寿命を延ばすことではありません。見た目の若々しさのことを指します。)
そのカギが「ビタミン」や「アミノ酸」「プラセンタ」などのアンチエイジングサプリの成分にあります。
活性酸素を除去する成分
ビタミンC
ビタミンCは水溶性のビタミンであり、野菜や果物に多く含まれます。
血管・皮膚・粘膜・骨に必要となるコラーゲンの生成を助けて、肌トラブルを予防する作用や、鉄分の吸収を高めたり、傷の治りを早めたりする作用があります。
ビタミンCが不足すると、コラーゲンの生成が衰え、毛細血管がもろくなり、出血しやすくなります。
肌荒れ・歯茎の出血・傷の治りの遅れ・免疫力低下・疲労などの原因となります。

 

COQ10(コエンザイムQ10)
脂溶性の物質で、ヒトの体内において合成されている「ビタミン様物質」です。
抗酸化作用、疲労回復、心機能の向上に効果があります。

 

亜鉛
亜鉛は体内に約2000mg存在し、主に骨格筋・骨・皮膚・肝臓・脳・腎臓などにある成分です。タンパク質の合成に関わる酵素の材料として使われます。
人間の体に必要とされている必須ミネラル16種に含まれますが体内で作り出すことができないため、食事から摂取する必要があります。
酵素の活性化、活性酸素の除去、免疫力を高める、新陳代謝を促す、血糖値を下げる効果があります。

 

プラセンタ
胎盤は胎児に送る栄養素の供給元として豊富なアミノ酸に加えて成長因子(グロースファクター)が含まれており、また免疫機能も併せ持つため万能の臓器と呼ばれています。
自律神経、ホルモンバランスを調整する、組織修復作用がある、病気への抵抗力を高める、抗アレルギー作用がある、抗炎症作用がある、代謝を活発にし臓器や細胞の働きを活性化させる、肝臓の働きを高める、活性酸素を除去する、効果があります。

 

コラーゲン
私達のカラダを構成するのがタンパク質ですが、コラーゲンはタンパク質全体の30%を占めています。
コラーゲンが分解される事である細胞が活性化する事がわかりました。
その細胞とは「繊維芽細胞」という細胞です。
繊維芽細胞とは体内でコラーゲンを作り出している細胞で、この繊維芽細胞が働く事でカラダのコラーゲン量が保たれています。
年齢と共にコラーゲンが減るのはこの繊維芽細胞が働かなくなるからと考えられています。

 

ビタミンA
皮膚や粘膜を健康にし、肌の免疫力を高めます。

 

ビタミンE
血管の血流を改善し、血の巡りをよくします。

 

これらの栄養を摂ることによって体の細胞、組織を活性化することができます。
そして若々しくハリつやのある肌、疲れにくい体になっていくことができます。


最強!アンチエイジングサプリのおすすめランキング

プラセンタ40倍濃縮【ヴィーナスプラセンタEX】

プラセンタの量、濃さにこだわっています。
1日4粒で21,600mg相当のプラセンタエキス、さらにローヤルゼリー、コラーゲン、ツバメの巣エキス、プロテオグリカン、高麗人参を配合しています。
製造も安心のJHFAマークを取得、成分表示内容についても第3者機関の審査を受けています。
初回特別価格、1000円で始められます。

 

 

愛用者の声
井上さん 49歳
40代後半から肌の弾力が落ちてきて、化粧水も浸透していかないし乾燥がひどくなり老化を感じていました。
だんだん外出が苦手になってきて、この先のことを考えると怖くなったんです。
そこで、体の内側から変えていこうとこヴィーナスプラセンタEXを飲み始めました。
ドラッグストアなどで売っている市販のものはあまり効果が信用できなかったので、通販で信頼できるものを選びました。
飲み始めて1か月で肌のハリがすごくよくなりました。
弾力を実感できるようになったんです。
数か月するとくすみがとれてしわも薄くなりました。
それで友達と会うのも楽しめるようになって感謝しています。
一度衰えてもアンチエイジングできるんだと感激です。

新世代の高級美容プラセンタサプリFUWARI

成分にこだわっているのがFUWARI
プラセンタは馬プラセンタと同等のアミノ酸量がある豚プラセンタを使用、量も3粒で7,200mg相当を配合しています。
さらに、アスタキサンチン、ヒアルロン酸、エラスチン、ビタミンE、セラミドでシミやしわ、乾燥もケアしているのでリピート率も高く満足度91%と評価されています。
これは多くの人が効果を実感している証拠です。

愛用者の声
太田さん 47歳
顔に大きなシミがどんどん出てくるようになりました。
鏡を見るたびにこれまでの日焼けを後悔する日々でした。
もっと紫外線対策をしておけばよかった、とかでも外出を悔やんでもしょうがないと思い、化粧品などでエイジングケアを探したんです。
美容液などもいろいろ試したけど、長く続けるほどの実感はなかったんです。
そこで出会ったのがFUWARI。飲む方法もあるんだ、と思い試しました。
すると、2週間ほどで肌のハリが違ったんです。
これはすごい、と思いとにかく続けました。
するとだんだん肌のくすみがとれてきて、若々しさが戻ってきたんです。
この年齢でもあきらめなくてよかった。
お友達にも奨めています。

コラーゲンサプリNo1 『すっぽん小町』

コラーゲンは体の中で一度分解されて体内に行きわたります。
だからこそ重要なのがその品質、もっとも質が高いのはすっぽんからとれるコラーゲンです。
その中には高品質なアミノ酸が豊富で、内側から細胞を活性化してくれます。
女優やモデルなど多くの著名人も愛用中です。

愛用者の声
竹原さん 38歳
最近仕事に子育てに忙しくて疲れやすくって、それが肌にも現れていました。
化粧ノリが悪くなって保湿も悪くなりました。
そこで何か始めようと思いすっぽん小町を飲み始めました。
始めは疲労回復にいいかなと思っていたのですが、2週間ほどで肌のつやがすごくよくなって、化粧ノリが変わってきました。
これはすごいと実感し飲み続けています。
ママ友からは元気で若いと言われてます。

馬プラセンタの質にこだわった最強品質【母の滴プラセンタEX】

プラセンタの中でも馬プラセンタは最も人の胎盤成分に近いと言われています。
そこにサイタイから抽出したヒアルロン酸を合わせ吸収力を高めました。
品質にこだわりながらもコスパも追及、1mgあたり0.4円を実現しました。

馬プラセンタサプリメント【プラセンタファイン】

北海道の国内最高峰サラブレッドから抽出した馬プラセンタ、さらにフィッシュコラーゲン、葉酸、ビタミンC、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、ローズヒップ、ビタミンB1,2,6を配合、アンチエイジング成分がすべてそろっています。

プラセンタの種類と選び方

プラセンタは続けることにより一時的で表面的な老化対策ではなく細胞レベルで継続的なアンチエイジングができるのが魅力です。
アンチエイジングで有名なプラセンタには、成長因子が含まれていて肌細胞の生まれ変わりを促進する働きがあります。

 

プラセンタの中でも特にアンチエイジング効果が高いのは病院で受ける点滴や注射に使われる「ヒトプラセンタ」。
ただ、人間の胎盤から抽出されるヒトプラセンタは医薬品なので病院でしか受けられません。

 

市販されているプラセンタのサプリには馬由来、豚由来、羊由来魚由来、植物由来の様々な種類があります。
その中でも安全面、効果の高さにおいて馬由来のサプリが最も優秀

 

この中でサプリとして日本国内で利用されるのは馬プラセンタと豚プラセンタ。
馬プラセンタは希少性が高く栄養価も少し高めで評判がよく、豚プラセンタは馬プラセンタに比べて安価で取り入れやすいと人気です。

若さを保つ生活習慣

ストレスをためない
ストレスは活性酸素を生みます。
負の感情は体内のエネルギーを消費し、老化を早めてしまいます。
ストレスを感じない生活を心がけましょう。

 

睡眠を十分にとる
睡眠は7時間以上取ることで体の疲れはリセットされます。
30代、40代の働き盛りの時期こそしっかり睡眠時間を取りましょう。

 

食事の栄養バランスを考える
サプリだけに頼らず食事から栄養を摂ることも大事です。
野菜、果物、魚、海藻、豆、ナッツ、こういった食品をとる習慣をつけましょう。

 

抗酸化作用のある食品

バナナ
かぼちゃ
にんじん
キャベツ
にんにく
しょうが
そば
大豆
ベリー類
アボカド
アーモンド

これらにはそれぞれ

アントシアニン
イソフラボン
サポニン
セサミン
レスベラトロール
リグナン
ルチン
カテキン
タンニン

などの成分が含まれていて、体を若く保ってくれます。

 

活性酸素が関係すると考えられる病気
アメリカで1997年に発売されたContemporary Ayurvedaという書籍では、これらの病気は活性酸素と関係があると言われています。

がん
動脈硬化、アテローム性動脈硬化症
心臓病
脳血管疾患
呼吸器疾患
肺気腫(研究発表 クロスら1987)
糖尿病(研究発表 佐藤ら1979)
関節リウマチ(研究発表 クロスら1987、グリーンワルド&モイ1979年、1980年ほか)
骨粗しょう症(研究発表 フーパー1989、ストリンガーら1989)
潰瘍
日焼け
白内障(研究発表 丹羽&ハンセン、1989、八木1977)
クローン病(研究発表 丹羽&ハンセン1989)
ベーチェット病