脚のむくみに効く栄養素、カリウムがおすすめの理由

2017/10/16

脚痩せ(足痩せ)に効果がある栄養素について紹介したいと思います。

脚痩せをしたいと思っている人は栄養素を毎日の生活の中で組み合わせてみるとスムーズに脚痩せできるといわれています。

たとえばどんな栄養素が脚痩せ(足痩せ)の栄養素として効果があるのでしょうか。

 

脚痩せ(足痩せ)の栄養素として効果的なものには、まずカリウムがあげられます。

カリウムというのは、水太りやむくみの原因になっているナトリウムを体の外に排出する働きがあるといわれている栄養素ですから脚痩せ(足痩せ)に効果があります。

カリウムは一般的にはバナナやホウレンソウ、イモ類に豊富に含まれている栄養素として知られています。

これが不足すると脱力感、不整脈、イライラといった症状が出てきます。
ミネラルやナトリウムといった栄養ともバランスが必要で、デリケートな栄養成分です。

小麦、アーモンド、干しぶどう、にんにく、ホウレン草、バナナ、スイカ、リンゴ、牛乳、昆布、わかめ、緑色野菜などに含まれています。

水溶性のため煮る、茹でるといった調理をすると流れ出てしまうので注意しましょう。

カリウムサプリのおすすめはこちら

↓私はこの「きゅきゅっと小町」でスッキリできました!

kyukyutto

カリウム配合!きゅきゅっと小町の詳細はこちら

メリロート
メリロートとは、ヨーロッパに自生する植物で、「クマリン、サポニン、ケスセチン」といった成分が含まれています。
これらは血行を良くしたり、血中コレステロールを押さえたりといった効果があります。
血液を綺麗にする事で脚痩せにつながります。
ヨウ素も脚痩せ(足痩せ)に効果のある栄養素として知られています。

ヨウ素は、新陳代謝をよくする効果があり、海藻、昆布にたくさん含まれているとされていますから昆布をたくさん摂取することで脚痩せ(足痩せ)につながるのではないでしょうか。

リノレン酸も脚痩せ(足痩せ)に効果がある栄養素として知られていて、こちらは新陳代謝のアップにつながる栄養素で新陳代謝をよくすることによって脚痩せ(足痩せ)につながるというわけです。

ピーナッツや大豆に豊富に含まれている栄養素です。このように栄養素で脚痩せを助けるという方法もあります。

 

脚が太る、むくみの原因

ふくらはぎがパンパンになる原因、それは余分な水分です。
血液によって必要な栄養は体内の細胞に送られていきますが、反対に細胞からは余った水分が戻ってきます。
体内の代謝が悪くなると、この働きが弱まり、戻ってくるべき水分の量が減り細胞内に溜まっていきます。
それが"むくみ"を引き起こすのです。

代謝が落ちる原因
①長時間の立ちっぱなし状態
立っている時、重力によって血液は下に溜まっていきます。
これが長時間続くと、血液や水分を上に上げる力が弱まっていきますので次第にむくんできます。

②筋肉の衰え
筋肉が減るとその分ポンプ機能も弱まります。
すると冷え性や血行不良が起こりむくんできます。

③水分、塩分の摂りすぎ
水分や塩分を摂りすぎると余分な水分も増えてむくみやすくなります。

-脚痩せ