骨格の歪みを自宅で矯正して脚やせを目指そう

2017/11/02

脚やせをする前にまず、骨格が歪んでいるのかいるのかどうかをチェックしてみます。

このチェックは誰でも自分で簡単にできます。最も簡単な方法は正座をした時に左右の膝の高さが揃っているかどうかです。

他にも片足である程度の時間立っていることができない、いすに座っている時に気がつくと、いつも同じ脚ばかり組んでいて、その体勢が楽である、などの点が当てはまったならば、骨格の歪みを自覚した方がいいでしょう。

ではなぜ骨格の歪みを治すと、脚やせするのでしょう。

それは骨格の歪みが起こると、骨の周囲の筋肉は不自然な形に変形し、緊張して柔軟性がなくなります。

そうすると血液やリンパの新陳代謝が低下しますので脂肪などの、ぜい肉が付いてしまうのです。

こうなってくると体内の老廃物の排泄も困難になり、脚やせが難しい身体になってしまうのです。

この骨格の歪みは、エステティックサロンや接骨院、整体院、整形外科などでも治してくれますが、時間的や経済的な理由で通えないという方も少なくありません。そういった方でも自宅で骨格を矯正することは可能です。

骨格、と大雑把に言っていますが、主な部分は骨盤と膝の部分の矯正です。

骨盤が歪んでいると下半身に大きなマイナスの影響を与え、脚やせしにくくなってしまうのです。

では、その簡単に骨格を矯正する体操の代表的なものを見ていきます。まず後ろ歩きですが、何も長い距離を歩かなくてもいいのです。

1日に20歩ぐらいで十分なのですが、リズムを刻む感じで後ろ向きに歩いて見ましょう。

途中で振り返ったり立ち止まったり、速度を変えたりしないで、できるだけ同じ歩幅で歩きます。

これを気長に続けていけば、膝の歪みは徐々に矯正されてきます。

次は仰向けになって膝を胸の所まで抱えて上げたらそのままの体勢でゆっくりと円を描くように回します

5回ほど繰り返したら、今度は逆回りで回します。右回り、左回りとも5回ずつを1セットとして8~10セット、毎日続けましょう。

さらにうつ伏せになって膝を曲げて見ます。膝が内側に倒れにくい場合も、外側に倒れにくい場合も、ともに呼吸法と柔軟性の向上で正常に戻ってきます

他には、ウォーキングに代表される有酸素運動を行うことも大切です。

ただし、脚やせに挑戦する場合には、間違ったダイエットで脚が異常に細くなってしまって、筋肉が落ちてしまっていると、美しく脚やせをすることが難しくなってしまうので、スクワット運動などで少し筋肉をつけてから脚やせにチャレンジしましょう

-脚痩せ