40代におすすめの基礎化粧品、美肌の秘訣はこれ

2016/05/27

40代からの肌の潤い維持には保湿成分はかかせません。
たとえば、こんな実験結果があります。

人工的に人の皮膚を乾燥させて、肌をパリパリにします。
そこに皮脂を塗るとそのパリパリはほとんど変わりません。
しかし、そこに保湿成分のセラミドを塗ると、パリパリはなくなり、肌に柔軟性が出てきます。

このことからわかるように、肌の潤いを維持するのに必要なのは油ではなく、水分を維持する保湿成分なのです。
アラフォー世代の乾燥肌のケアにはスキンケアの基本を知り、最適な基礎化粧品を選ぶことが大切です。

まずは、肌の構造を学びましょう。
皮膚は、表皮、真皮、皮下組織から構成されますが、なかでももっとも知っておきたいのが表皮と真皮の構造と働きです。
角質層にある細胞間脂質は、ラメラ構造により、水分をしっかりとつかんでいるため乾燥しにくい状態にあります。
また、バリア機能も働いています。

角質層:皮膚の一番外側にある死んだ細胞の層。
セラミドを中心とする細胞間脂質とNMF(天然保湿因子)がここにあって角質層の水分を守っている。
皮脂腺から出てくる皮脂が、一番上に皮脂膜を作っている。

基底層:新しい細胞を作る基底細胞がある

コラーゲン:真皮の弾力を保つ成分。繊維芽細胞より合成される。

エラスチン:ゴムのような弾力性と伸縮性をもつ物質。

角質層はわずか2000分の1の厚さしかありませんが、15~40%の水分を含み、その下にある表皮や真皮、さらに下のいろいろな組織を外界から守っています。
この、角質層が潤っている状態が保湿されている状態で、水分が少ない状態が「乾燥肌」というわけです。
このことを踏まえて化粧品を選びましょう。


★おすすめ★満足度83%!40代用基礎スキンケア

【ラ・ミューテ美肌セット】

A8ImageAction
潤いとハリに特化した化粧品がラ・ミューテです。
古い角質を洗顔で落とし、ダマスクローズの保湿とナノ成分で乾燥を防ぎ、セラミドやスクワランが肌にフタをします。
浸透力を上げるためナノコラーゲンとナノヒアルロン酸が配合されています。
これにより真皮の層まで成分が届きます。

乾燥肌のケアに最適なセットです!
大宮さん 43歳
私はいつも自転車に乗ることもあって、肌が乾燥がちで、シワも増えてきていました。
ほうれい線も目立つようになり、年齢よりも老けて見られることもありました。
とにかく肌に潤いが欲しいと思っていろいろ試してきましたが、ラ・ミューテは長時間潤いが続いてとてもよかったです。
外で風に当たってもパリパリすることがなく、常に肌が柔らかいままでした。
肌にハリも出てきて、シワも薄くなってきました。

とにかく使ってみると朝のハリが違いますよ
→ 潤い美肌に感動!ラ・ミューテ美肌セット

【お米の発酵液は保湿力が違う!アミノリセトライアルセット】
aminorise

昔から、日本酒を造る職人の肌はキレイと言われてきました。
そのキレイの秘密を解明して完成した自然派スキンケア「アミノリセ」

天然のアミノ酸を豊富に含む特許成分<コメ発酵液(FRS-12)>を高配合。
肌の奥深くまで浸透し、肌本来の力と響き合い、保湿を超えた「増湿」効果を実現。
送料無料のトライアルセットで試せます。

→ 金沢生まれの無添加・酒蔵コスメ「アミノリセ」

【コラージュ B.K.AGE(ビーケーエイジ)】7日間トライアルセット

bkage
あの持田製薬が開発した、敏感・乾燥肌のための薬用スキンケア
Q.敏感・乾燥肌はなぜ悪い?
A.乾燥肌は、肌のバリア機能が弱くなり、刺激を受けやすくなっている敏感肌の状態です。この敏感肌の状態で、紫外線やホコリなどの外的刺激を受けると、さらに乾燥が進んだり、肌荒れを起こしたり、放っておくとしわやたるみにもつながる負の肌荒れスパイラルを起こしてしまいます。

この対極にあるのが〝うるおっている肌"。しっかりと保湿され、ハリのある肌は、肌表面のバリア機能がしっかりと働き、肌を健やかに保つことができます。

40代のシミに効く美白化粧品ならこちら

-化粧品