乾燥肌でかゆい!保湿クリームを塗る前にここをチェック!

これからの季節、乾燥肌の人にはつらいですね。
私も冬場は特に肌が乾燥してカサカサ感がハンパないです。
お風呂でお湯につかって体が温まると、かゆみが出てきてすねを掻いてしまいます。
お風呂上りにはすぐに保湿クリームを塗っています。

あなたも、

お風呂上りに腕や足のすねが白くなっていることはありませんか?
また、夕方を過ぎると肌が痒くなる事はありませんか?

これらは肌が乾燥している証拠です。

女性へのアンケートでも、90%の人が乾燥肌に悩んでいて、主にうでやすねが気になると答えています。
市販のクリームでは保湿力が弱いという結果も出ていて、本当に潤ってくれるものを皆さん求めています。

皮膚のトラブルの原因の8割は乾燥によるものです。
とにかく潤いがないとバリア機能が低下してニキビ、肌荒れ、かゆみの症状が出てきます。

体を洗う頻度をチェック!

体の乾燥の主な原因は洗いすぎです。
日本人は清潔好きなので毎日お風呂に入るという人がほとんどですし、毎日ボディソープで体も洗うでしょう。
しかし、実は毎日これをしていると皮脂が落ちすぎて脂分がなくなってしまいます。

そもそも、皮脂はお湯につかるだけで落ちます
石けんを使うと必要以上に落としてしまい、潤いが落ちるのです。

30代以上の方の場合、体を洗うのは週に1,2回で十分です。
脇や陰部、足の裏など、臭いや汚れが気になる場所だけ洗えばいいのです。

①お湯はぬるめで、長湯は禁物。
長湯は皮脂が失われやすく、肌ダメージが出ます。
38℃程度のゆるめのお湯で10分程度つかりましょう。

冷えが気になる人は、オイルで補う事ができます。
岩塩、ローズマリー、マジョラムといった精油を数滴たらすと保温効果がアップして芯から温まりますよ。

②ボディオイルはこれを使おう
乾燥しやすい腕や脚には保湿剤を塗りましょう。
マカデミア油、アーモンド油をお風呂上りに薄く塗ると水分の蒸発を防げます。

保湿クリームはこれをチェック!

あいにゃん、ゆんころ、読モも愛用!【PRIMO プリモ】
モテる女たちに愛されている理由は、アルゲエキス、サガラメエキス、カゴメエキスの3種類の海洋成分とライ豆種子エキス、ペプチド、でハリと潤いを補います。
妊娠中の方の妊娠線予防やダイエット中の肌荒れ、背中ニキビやお尻ニキビなどの肌トラブルにも使えます。
ワイルドローズの香りで癒されますよ。

愛用者の口コミ
りささん 26歳
冬場は絶対プリモを使っています。
保湿力が長時間続くし香りがいいので香水いらずなんです。
お風呂上りに腕と足にたっぷり塗っています。
ツヤも良くなってうれしいです。

50万個突破!しっかり保湿しっとり美肌【ミューラグジャス・ボディクリーム】
肌に優しいオーガニック成分にセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸の保湿成分も入っています。

石けんをチェック!

石鹸の原料に使われる油脂の種類

固形石鹸の原料にはパーム油と牛脂を使うのが一般的ですが、ヤシの油からつくったヤシ石鹸、オリーブの油で作ったオリーブ石けんなどもあります。

石けんの性質は、油脂の性質に影響されます。
例えば、大豆油、菜種油、コーン油などの液状油でつくった石けんは軟らかくできあがり、パーム油、牛脂のような固形油脂は固形石けんの製造に向いています。

現在、浴用や洗顔用に使われている固形石けんは、パーム油80%、ヤシ油またはパーム核油20%の配合油脂を原料にして、適当な硬さ、泡立ちを保つようにつくられ、皮膚への刺激が低減するように考慮されています。

石けんは、油脂の脂肪酸組成によって性質が決まるので、その脂肪酸を分析して評価する必要があります。
グレープシードオイル、アルガンオイルはイメージがよいからといって、石鹸もよいとは限りません。

⇒デリケートゾーンが気になる方はこちらの石鹸

-スキンケア