顔のたるみ解消エクササイズ!自宅で出来る方法4選

2016/09/01

たるみを防ぐには顔に筋肉を付ける事が対策になります。
ただし、皮膚を必要以上にひっぱるようなエクササイズ(口を大きく開けるなどの表情筋エクササイズ)はかえって表情ジワを深くしてしまい逆効果ですので気を付けましょう。
ここで即効性のあるおすすめな方法を紹介します。

①舌ぐるぐるエクササイズ
・口を閉じたまま上あごを舌で前後になぞります。
・頬も同様に舌を動かしながら押していきます。
皮膚を伸ばすのではなく、頬やあごまわりの筋肉をきたえるイメージで。

②ペットボトルを使ったエクササイズ
・500mlのペットボトルに少量の水を入れます。
・唇だけでペットボトルの口をくわえて持ち上げ10秒数えます。
これを3セット行います。

③マウスピース筋トレ
・マウスピースを唇の間にはさみ、口を「い」の形にします。
・唇の横の筋肉に意識を集中し、ゆっくり縮めて「う」の形にします。(口先を突き出さないように)
これを繰り返します。1日3分程度が目安。
マウスピースがない方は割り箸などで代用してみましょう。

④ほうれい線が即効解消するトレーニング
・人差し指と中指をこめかみに当て、イを発音する口の形を作り次にそのまま「ウ」の形 を作ります。
これを5回で20秒ほど行います。
・次に10秒間、上唇と上の歯の間に空気を溜め膨らませます。(背筋は伸ばします。)

顔の筋肉の70%は口の周りに集まっています
歯並びやかみ合わせが悪いと口の周りの筋肉も低下し、表情筋が崩れてほうれい線やシワの原因になります。
ですので口の周りの筋トレはアンチエイジングにもなるのです。

【注意】
Q:たるんでくる顔を持ち上げるように上に引っ張るマッサージは有効ですか?
A:皮膚を上に引き上げるのはあまりおすすめしません。
たるみの原因は「下がる」ことではなくて「弾力がなくなる」ことです。
ですので上げるマッサージをしても手を放せば下がってしまいます。
顔に筋肉を付ける事とコラーゲンを補って内側からハリを出すケアを行いましょう。

-スキンケア